『人は亡くなっても、心の中に生き続ける』


漫画や物語でよく聞く言葉。
父が亡くなって、4ヶ月過ぎて
ようやく、本当の意味がわかりました。

それまでは、心の中に生きるというのは、過去の思い出のことだと思ってたんだけど
亡くなった今、父の愛情を深く感じること。
ずっと消えない愛情。
そばにいて、支えてくれているような。
頑張っていると、父が頭をなでてくれたような気がしたり。

過去を思い出すんじゃなく
今ここにそれを強く感じること

それが、心に生きることなんだって感じました。
人は亡くなると永遠になる。

幸せと寂しさが入り混じるような
あたたかい感情の中にいるようです。