フジドウです。

今日は、レイキで学んだエゴの話。

今朝感じたことをブログに書きます。

 

 

朝、目が覚めたら

久々に喉のつかえ、お腹の重たさを感じました。

 

昨日はライオンズゲートが一番開く日で

願い事が、いいことも悪いことも叶いやすいとも言われています。

なので、一つの願い事に対し、

・小さな視点(今の状態でも叶うこと)

・大きな地球規模の視点(小さな願い事を叶えた先にあること、もの。叶えたいのになかなか叶わないオーダーキャンセルしてしまうこと)

を二つ書きました。

 

すると翌日感じた抵抗感。

喉とお腹の違和感…。

はい!きましたオーダーキャンセル。

願い事が叶うのが怖いと思う不安。

ここで、再度願い事を書くと、執着になってしまうんだと思います。

 

他にも嬉しいことが起こったはずなのに

その嬉しいことに対して

ちょっとイライラしている自分がいる。

不安になっている自分がいる。

困っている自分がいる。

 

『ああ、これがエゴなのか』

今までは、気付けなかった私でしたが

今はそれに気付けました。

エゴ=自我。私を守る鎧。

 

また、自分自身を疑っている時に

こうして欲しい、ああして欲しいと

周りの人に欲求を出している自分にも気づきました。

特に親しい友人や家族、好きな人、大切な人に対してぶつけている。

 

今回は気付けたので、行動する前にストップできましたが

ここでエゴに気づかないと、相手に対して攻撃的にでて

『なんで〜してくれないの? 私が本当に欲しいことは××じゃない!』

なんて思いや言葉が出てしまう。

喉にある、つまった感覚は、その欲求を言えない自分でした。

もし私がこの欲求を相手にぶつけていれば、エゴをこじらせている状態になります。

エゴをこじらせる、それがエゴが悪になってしまった瞬間です。

 

エゴ自体は悪いものじゃない

エゴは自分自身を疑っている自分をそうやって守っている。

守り方が、強引で攻撃的なだけ。

だからこそ、気付けばいい。気付けはストップできる。

 

令和の時代は、昭和平成と違って

頑張らなくても、思いが叶う時代です。

でも、なかなか叶わないのなら…それにはエゴがキーになってきます。

 

その仕組みを今後も私の感情と実践をもとに

ブログに書いていきます。

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:日記・一般