バセドウ病 その後1

東京湾納涼船で夜景を満喫した後
実家に帰るたびに寄るBARに挨拶しにいきました。

お店に行ったら、私の大好きな姉御的存在のUさんがいて
自分がバセドウ病だったというのを打ち明けると彼女もバセドウ病で、いろいろアドバイスいただきました。

私は初期だったので、薬は一度に1錠ですが、彼女は6錠と言う話から、完治はしない。治りかけに勝手に通院をやめたら再発すること、バセドウ病が他の病気を呼び込んでしまう可能性…などの話を聞きました。

現在バセドウ病は、たくさんの人がなってるって聞いて、身近な人にもいたけれど、長く付き合わなきゃいけないの未知数さは正直怖い。
疲たり緊張すると震える症状、のぼせやすい、汗をかくことについては慣れてきたけど。
まだ、疲れやすい自分に慣れてなくて、自分にムリをさせてしまう。
漫画を描く時も疲れやすい限定でスケジュールを組まないといけないし、ストレスが強い時の震えっぷりはハンパない。
生活がガラリと変わる、それにもちょっと戸惑ってるのかも。

どすこいって感じのぽっちゃり体型が痩せてきたのは、嬉しいけどねー。
(ジムに通ってた時よりも落ちてる。)
病気で痩せてもすぐリバウンドしちゃうので、気をつけねば。

次回の通院は28日、喉のエコーです。



そうそう、東京湾納涼船に行った帰りの電車で席があくまで立ってる時間が大変辛かったです。
冷や汗に足の痙攣。
「私、マイケル・ジャクソンのスリラー踊ってませんからー」…ってくらいガクガク。
『早く席が空いてほしい』と願う私の横にいた身長の高いキレイ系で少し気の強そうなお姉さんが居たんですが、なぜかそのお姉さん、つり革を外そうと何度も引っ張ってたんです。ガン見しちゃったんですけど、それでもやめず…。

こ…この人はいったい……。
その場に座り込みたいくらい辛かったんですが、危機感を感じたので、前の座席が空いても彼女に譲る…と思ってそれがある意味自分の支えになりました…ってなんてドMな…。
いやー、やや美人の人がとるワイルドな行動って怖いわー。
でも…いいもの見ました(笑)

血液検査

午前中、バセドウ病の血液検査に行ってきました。

2週間、朝晩と薬を飲んでその結果を調べるため。
安定していけば、1日一回、2日に一回と薬の量が減るそうです。

先日、甲状腺のエコーもしてきて、その結果は、少し腫れてるくらいでした。


そうそう、バセドウ病は海藻類食べちゃいけないそうです。
うっかりもずく食べちゃったよー。
茎わかめも芽かぶも大好きなのになー。


また、今の薬は白血球が減少する副作用が稀にあるみたいで、今回はその検査もプラスされて、医療費5000円でした。

美味しいもの食べれるじゃーん!!
カクテルだったら4杯飲めるー!!

ああ、健康って大事。


医療費が予想より高くて頭がクラクラしてきたので、大好きな天神様の所へまた行ってきました。



28日に蕾だった蓮の花は、まだ蕾のまま。

いや、もう咲いて他の蕾なのかな?

おみくじは、大吉。
(先日はいいこと書いてあったけど凶)

願い事 金銭其他万事心任せです。
病気 精神の安定第一

ということ。肝に命じます♪





引越しまで、そろそろ一ヶ月。

下書き作業を終えて、実家から帰宅。
病院の予約を入れていたので帰ってきましたが、もう少し実家に居たかったなぁ。
猫に甘えたり、甘えられたり幸せでした。


今日の通院は、血液検査の結果を聞きに行くだけでした。
数値は下がってますが、まだ1日二錠はそのまま。
喉の腫れた違和感もそのまま。

薬の副作用で、まれに白血球が減少して熱がでることもあるのですが、その検査結果はクリアでした。

あとは……肝臓の数値が高い。
ダイエットを勧められました。
バセドウ病なのにどすこい体型だしねー。まったくねー。

次回の通院は、22日。採血です。
その検査で白血球に以上がなければ、今の薬を続けていきます。



そろそろ引越しまで、一ヶ月!
今日は、ケーブルテレビの解約撤去手続きと引越しの見積もりをしました。
ダンボール20箱で足りるかなー。
引越し先が実家だと気持ちが楽。
実家に帰る際に少しずつもって帰る予定です。

引越し日は、鑑定で決めた9月10日。
実家の仕事部屋のペンキ塗り、家具の解体。やること沢山ですが、楽しみです♪

猫と一緒の…

アメーバの日記に詳しく書いたのですが

飼い猫のトムの調子が悪く
病院に連れて行ったついでに血液検査をしたら
私と同じバセドウ病でした。


トムは、薬を飲み始めて元気になってます。
ただ、体重が300グラムも太ってしまって、数ヶ月前ガリガリだった分、体が重そう…。
食事の量に気をつけなくてはと反省。
トムは、満足するまで食べられず不満そうですが。(その前が食べ過ぎだったので…)

…それにしても、猫の治療代は高い。
病院に1ヶ月で5万は厳しいと事情を話し、血液検査の調べる項目と回数を減らしてもらいました。


さて、私の方は昨年9月に引越しした後
なかなか病院が見つからず、同じ病気の友達に教えてもらった病院は、遠すぎて通える自信がなく…。
1年近く経って隣駅に甲状腺内科をようやく見つけ診断。
(甲状腺外科はすぐに見つけたのですが、内科が良かったので。)
1年近くも放置って……バセドウの大変さを知っている方に、散々心配をかけました。

そして8月に血液検査をしたら何もひっかかるところがなく、検査の結果は、病院の紹介状がなければ、バセドウは自分の思い込みだったんじゃないか…と思うくらい。

薬を飲まなくなったのが昨年12月。
昨年の夏から治療を始めたので…バセドウって半年で治るものなの!?
最初の診断が専門ではない内科だったので、バセドウではなく、バセドウと同じ症状の病気で誤審だったのかも!?という疑いも湧きました。そして、この状態なら薬を飲む必要はなく、1ヶ月後にもう一回血液検査をしましょうという話でした。

そして9月に血液検査をして、先日結果を聞きに行ったら、症状は治まっているがバセドウ病と診断。
再発の可能性も大きいので、今度は、3ヶ月に1回血液検査をすることになりました。

こんなにも早く症状が治まったのは、引越しをして猫たちと一緒にいるからかな〜なんて思うくらい。猫と一緒の時間に幸せを感じてます。
また寒くなったから、甘えてくるし、その体温ごとかわいい♪

今後も症状が出ないよう、心も体も大切にして猫と一緒にバセドウ病と上手に付き合っていこうと思います。。

JUGEMテーマ:日記・一般
1