バタフライ・エフェクト ネタばれ

一つ〆切が終わったのと早起きしたご褒美&気分の切り替えに
ず〜っと観たいと思っていた『バタフライ・エフェクト』を観ました。

主演は世間をにぎわすセレブ!アシュトン・カッチャーですよ!
アシュトンを初めて知ったのは、That '70s Show。
その後、デミ・ムーアとの交際の噂を知り
おバカな高校生&………なイメージ。
(………はセクシーな言葉を想像して下さい)

最近では、恋愛コメディ=アシュトンだったので
シリアスな演技に私がついていけるか…!?…って思ったけど
そんな不安は不要だったようです。

さて〜、『バタフライ・エフェクト』!
面白いと言う噂しか聞いた事がなかったので
今の私の心に響くか不安でしたが…
きました!ずっしりと。


そして、ここからネタバレ。
Continue Reading

ヴァンパイア・ダイアリーズ

スーパードラマTVでセカンドシーズンの終わり方がとても気になり
サードシーズン購入しちゃった『ヴァンパイア・ダイアリーズ』

今、2週目ですw

スーパードラマTVの海外ドラマってどれも私のツボにはいる…。
ヴァンパイア・ダイアリーズは、セカンドシーズンの後半からが
特にお気に入りで、エレナ役のニーナ・ドブレフが魅惑的
そして、キャロラインが回を重ねるごとにキュートさが増す!!
ファーストシーズンは1回観ただけで満足してたんですが
セカンドシーズン後半からは、1度じゃ足りなくなってきて…
セカンドシーズンのBOXも買いそうですw


久々に



プリズン?ブレイクのを観ながら仕事してます。

細かい内容すっかり忘れてますーw
ファーストシーズンは面白いね〜♪





桐島、部活辞めるってよ

BSで録画してたのをようやく観ました。

ネタバレなのかな?

かるめの感想です。









作業をしながらみていたので、最初時系列が行ったり来たりしてるのに気づかず、毎日同じようなことをくりかえしてるのかと思っちゃった。
(なので、今、2回目観てますw)



このくらいの女子の性格の悪さとか。繊細さとか。
男子の無神経さやナイーブな所とか
シーンを繰り返すことで印象がさらに強くなってる気がする。

どのキャラも素直で感情に正直なので、わかりやすく、感情移入しやすいので、登場人物ほぼ全員の気持ちが伝わってきました。


学生の頃に感じたもどかしさ。
ときどき感じる内臓をぐっとつかまれるような苦しさ。
心地よかったです。




ん〜
この映画
もっと切なくもできただろうし
もっとさりげなくもできただろうし
その中間で、この面白さってすごいなぁ。

立ち止まらず、流れていくんだけど
ちゃんと目の前で起こってる。
日常。

そっか、日常を非日常のドラマにしたのが存在しない桐島の存在。
見てる人は、いないじゃんって滑稽さを感じてる。
暗黙の了解が面白いんだねー。


ラスト、映画部の彼が
監督は無理って言ったシーンで
自分の進路相談のことを思い出しました。
物心ついたときから、漫画家になるって決めてたけど、中学、高校じゃそれを親や先生に言えなくて、将来の夢は決まってるのに、誤魔化してたなぁ。

友達には、漫画家デビューするって言ってたけどw
当時の友達は、ただ大口叩いてるだけだと思った、実際デビューして驚かれたり、オタクに対して偏見の強い時期だったので、漫画家になりたいと伝えたら、縁を切られたこともあったなぁ。今じゃ笑い話ですw


映画の登場人物は、本気で無理だと思ってるかもしれないけど、映像を撮り続けることで自信がついて、無理って感情が小さくなってくだろうと勝手にその後のストーリーを考えてました。

野球部を辞めた子は、卒業の頃には、吹奏楽部の子と付き合ってほしいなぁ。社会人になってからでもいいけどw


そうそう
吹奏楽部の女の子のエピソードを観てたら
岩本ナオ先生の漫画が読みたくなりました。
そういえば、途中から買い忘れてる漫画があったなぁ。
自分が何巻までもってるか忘れちゃった。
2本〆切が終わったら、調べて続きポチります。

エンド・オブ・ザ・ワールド

『面白い』って話を聞いたので、WOWWOWで放送していたのを録画し
何気なく観てました。(ちょっとネタバレあるかな?)


予告リンク貼りましたが、この予告…かなりのネタバレです。観る方はご注意を。


この映画好き。
ものすごく引き込まれるワケではないのですが
主人公だけじゃなく、キャラクター達の心情が伝わりやすく描かれていて
どの人の気持ちもわかる。

『世界の最期をどう過ごしたいか』
世界の終わりを受け止めるかどうかで自分の行動が変わってくる。
心の弱い人は、受け止める事ができず恐怖に捕われて自暴自棄になる。
受け止める強さのある人は
自分が本当にやりたい事は… 
求めている事は…
それに気づいて、心からの笑顔で過ごす時間を過ごそうとする。

不安を消すために笑顔になるんじゃないところが
キュンと胸が熱くなってステキだな〜って思う。
そして、不安な時は素直に不安だと言う。
その素直さもステキ。

そう思って観てたら
この映画って
なんてスピな映画なんだろうと…って思いました。

2人の出会いって学びであって、運命であって、成長であって
この映画を面白いと思う人と出逢いたいし、友達になりたいし
一緒にいたいし、、、録画したのにDVD欲しい…。
(ブルーレイでもいいんだけどw)​

一番最初にハッとさせられたセリフはこれ
(ちょっと画像が…本当はとても美人なのにごめんなさい!)

イギリスにいる家族の元に返ろうとしたのに
15分遅れて飛行機に乗り遅れてしまった時のセリフ。

わかる〜!この気持ち!私もよく思う。
でも未だ間違える〜〜〜〜ぅ!!

また、マーティン・シーンが出てくるんですが
これが年をとってもかっこ良くて!!
エミリオ・エステベスのファンだったんですが
お父ちゃんは、数倍かっこいい……。
地獄の黙示録の舌をだして水を飲むシーンがとてもセクシーでw
あの魅力を越える俳優には、イライジャ・ウッド以外まだ逢ってません…って!(逢ってるじゃん!あ、イライジャには野性的な男らしさは求めてませんw)

そうそうあと、ぺ二ー!のキャラクター。
ヒッピーっぽいキャラだけど、すれてなくて
この明るさ、どこからくるんだろうと観ていたら
育ちがお嬢様だから何ですね。

先日、清水ミチコさんと三谷幸喜さんのラジオをPodcastで聞いていたら松たか子さんの話になったんです。
いい感じで遠慮がない話をしていたのを思い出し、ペニーのキャラと重なりました。
ドッジの元カノのゴージャスな実家についた時、ペニーが『うちの壁紙と一緒!』と言って確信したんですが、こいうキャラクター作りもこの作品に惚れた要素の一つです。

あと、ペニーの出身がイギリスのサリーなんですよ。
サリーはロンドンから列車で30分くらいの所にある田舎で
先日描いたホームズの『まだらの紐』でも出てきました!
こういう偶然ってときめきます。

まだまだ話したいことはありますが
今日はこの辺で。


明日はクリスマスイブ。
サンタさん、DVDくれないかな〜(笑)
それまでは、WOWWOWで録画したものを観ますー!(吹替え版でもみたい〜!)

JUGEMテーマ:日記・一般

LIFE!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
電子貸本Renta!にて新作
この恋、どちらをあたためますか?
〜不器用な私の恋愛迷奏曲〜

第1話 無料配信中です。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


私の周りでも評判のいい映画『LIFE!』を観てきました。

観終わった後の充実感が半端なくて、直後は前半の主人公のようにぼんやり妄想しちゃってました(笑)


心の裏側がジン、とする映画です。
自分の中にある抑えていた、眠っていた気持ちを刺激してくる。
ダイナミックで爽快で、主人公のあの勇気には誰しも憧れるんじゃないかな。
行動して運を掴む様がなんとも気持ちいい。

青い鳥も花の子ルンルンも(古いねwごめんね)幸せは、家の中にあった。だけどそれは、行動をしたから手にできたもの。本当の幸せは、今考えるどんな妄想よりも充実してる。


また、主人公の周りには家族も含め少しお節介な人たちがいて、そのお節介がまた心地いいの。
ほんのちょっとの思いやりが状況をつないでいく。

ちょうど、映画を観る前にデパートのトイレに忘れ物をして上映時間ギリギリだったけど急いで引き返したんです。そうしたら、私の後に入った人と入口でちょうどあって、デパートの受付に届けようとしてくれていて…それが、映画とリンクして、私の日常にもLIFE!のようなつながりがあると感じさせてくれました。

そう、つながる。
バラバラだと思うものにも、それぞれの役割があり、わけのわからないものにも意味がある。

それを感じたら、目をつぶって深呼吸をして、自分が幸せだということを抱きしめたくなる気持ちになりエンドロールには涙が溢れました。

評判どおりいい映画でした。
上映中にもう一度観に行きたいな。


最後にネタばれです。









ショーン・ペン演じる写真家の言葉、誰もが感じてることだと思う。
携帯にカメラがついて、その瞬間を残せるようになったけど…花火大会なんか特にわかりやすいかも。記録を残すことよりも、目の前の今を体感する方が何倍も感動できて豊かな気持ちになれるって。

初めての……

初めて一人で見たホラー映画は『エイリアン2』
TV放送を観たんですが、怖くてリビングをうろうろし
CMになると安心して、続きがはじまるとまたうろうろ…。
その時『ホラーはCMがないと絶対観れない!!』と思いました。

今、『エイリアン2』がWOWWOWで放送中
悔しいことにまったく怖くない…。
うろうろもしてない。
作り物っぽい、うそくさ〜い!なんて思う自分がいます。
想像力をどこかに置いてきたのかな…?
純粋な何かをなくしてしまったようです。


実家にいる間
海外ドラマ、ターミネーター サラ・コナー クロニクルズを観てました。
残念なことにこのドラマ、セカンドシーズンで打ちきりになってしまったんですが、買って直ぐに観た時とはまた違う視点で観ることができて面白かったです。
来年公開のジェネシスが待ち遠しい。

TSCCのその後は、ジョン・コナーは妥当スカイネットではありますが、マシンとの共存を求めていくんだろうなーと勝手に妄想してました。ジョン・ヘンリーがピノキオみたいに(良)心を学んでゆくのか、傷つく心や恐怖まで覚えてどこまで進化するのかとか…キャサリンのその後の変化とか………

ハッ…いかん!
今、考えなきゃいけないのはTSCCの続きじゃなくて、自分の漫画のプロット!

そういえば…
仕事がない時のキアヌ・リーブスのダメっぷり、私の中のホームズとかぶります。
キアヌがホームズ役だったら、ときめくー!(ありえないのは承知で)
でも最近のホームズ(BBCやアメリカ現在版)は、IQが高くアスペルガーっぽく描かれることが多いのですが(BBC版ではハッキリセリフで出てましたが…)私は自分のイメージのまま進めていきます。


話は変わりますが
実家から帰ってきたら

今治タオル届いてましたー♪
よし、顔を洗おう!

JUGEMテーマ:日記・一般

ヒックとドラゴン2 感想

観ましたーーーー!!!!
ヒックとドラゴン2!!
フランス版Blu-ray問題なく観れました。
表示日本語だし。

劇場かどうかなんて関係ない。
ムチャクチャいいッ!!

音楽も変わらず作品を引き立ててるし。
笑えるし、泣けるし、何より愛情がたぁっぷり!!


今、映画を観終わった後の頭がぼんやりする心地よい感覚に包まれてます。


1から5年後。
ヒックの声が少し成長してて
アスティやみんなの関係もちょっぴり進んで
羊とドラゴンは変わらずかわいいし
切なさよりも心の強さがかっこいい。
1もキャラ(アニメーター)の演技力が素晴らしくて、言葉にしてない気持ちがすごく伝わってきたけど、2は、キャラの思いや愛情がひしひしと伝わってくる。

飛行シーンもサイコー!!
自分もドラゴン乗りになった気分。
1よりもさらに大きな満足感。


ヒックとドラゴン2も大好きな映画になりました。
本当にたくさんの人に観てもらいたいなぁ。

ぜひ地上波で放送してほしい!


麦子さんと

予告を観て映画館に行きたいなぁーと思いつつ行かなかった
「麦子さんと」を観ました。


見終わった後、ほっこりと素直な気持ちになれる映画でした。

ラストの余貴美子さんが疲れてる感もあって、その人物の生きた歴史も感じられて綺麗だなぁ。

病名からもその人の人生がどうだったか空想できるし。
予告の面白さ裏切りませんでした。

ほっこりしたい時、また観よう♪

MX4D

先日、新宿に行く用事があったので、ついでに映画を観てきました♪
観たいな〜と思いつつ、観そびれていた『ジェラシック・ワールド』!

『映画館での3Dを今まで観たことなかったのに、いきなりMX4Dか〜。
恐竜どんだけ前に出てくるんだろう…。
進撃の360℃シアターみたく口の中にまで入れられたら……』
と、かなりビビリモードで席に着きましたw

席も広いし、座り心地もいい。
多少揺れるくらいかな〜って思ってたんですが
映画前のCMで風や水が出ることもわかり、着物で行ったことを後悔。
(草履も脱げやすいし…)
荷物はロッカーに預けてたんだけど、ハンドタオルは座席まで持って行ったので、それでいきなり飛び出す水をしのぎました〜。

映画内容は、あのシリーズらしい作品。
私は、子供の頃から、スピルバーグとは感性が合わず『観に行くけどスピルバーグは嫌い』というめんどくさいヤツで。
もっと壮大に描いて欲しいのに映画が箱庭のようなこじんまりした印象にまとまるのところがどうも引っかかってしまう。
でも、大人になってからは、その辺を見ないふりができるようになり、演出の面白さの方に目を向けるようになりました。

特に『ジェラシック・パーク』は映画になると聞いた頃に小説を読みまして、前編は名前がカタカナで覚えるのがたるくて1週間かけて読んだいたのですが、後編になる手前で、その面白さにとりつかれ、後編は半日で読むという、最も大好きな小説だったんです。
なので『ビバ!ティラノザウルス〜きアメリカ万歳!!』的なラストやノミのサーカスを美化した時はええー!!って思ってしまったのですが、新しい学説を映画で楽しく観られる、またあの映画は、恐竜が悪役でヒーローなんだという考え方に変えたら、全シリーズ、大好きな映画になりました。

なので、上映時間た〜っぷり、最大級楽しませてもらった気持ち。
正直、映画のストーリーは覚えてないけど(笑)
面白かったー!という気持ちは大きく残りました。
また観に行きたいな♪

そして映画の後は、友達と合流して『ひげガール』へ。
人生2度目のおかまバー!友達が常連なので連れて行ってもらいました。
しかもショーを見るのは初めてで、綺麗なお姉さま方に圧倒されました。
ハァ〜いくら仕事がハードでも化粧とダイエット、怠ったらダメだわ〜。

そうそう、新宿に来たし、牛カツを食べに行こうと思ってたんですが
ものすごく並んでいてあきらめました。
牛カツのリベンジは、また近いうちに!

JUGEMテーマ:日記・一般
12>|next>>